レーザー治療とは?

OPELASER

無麻酔下での歯周炎の処置

●辺縁部、炎症歯肉の蒸散
●出力2W 連続 水銃使用

※注水を途中で停止すると痛みと蒸散量が著しく多くなるので注意すること

臨床応用写真

レーザー麻酔にする注射針

●刺入時疼痛の経験
●局所麻酔を行う際に刺入点部に照射し、粘膜部を瞬間的に麻酔
●出力1W 4~5秒 気銃又は水銃使用

※表面を軽く白班状になるまで照射する

臨床応用写真

重症な歯周炎の無麻酔下での処置

●自然出血
●歯肉の腫れ
●抜歯適応症の炎症歯肉表面を蒸散し、新鮮な組織の新生を促す
●出力1W 連続 気銃使用

※ハンドピースの先端を常に移動し、全体に少しずつ蒸散する

臨床応用写真

無麻酔下で知覚過敏の処置

●歯頸部知覚過敏の患部に照射することにより知覚過敏を消失
●出力1W 20~30秒 水銃使用

※必ず注水下で行う
※最初は水だけにし、次第に噴霧状とする

臨床応用写真

抜歯後の止血

●出血部に直接レーザーを照射し、表層に炭化層を形成し止血
●出力1W 連続 局所麻酔

臨床応用写真

無麻酔下でのメラニン色素除去

●前歯部歯肉の患部に照射しメラニン色素を除去
●出力1W 連続 気銃使用

※表面が白濁、点状になるまで行う
※痛みが生ずる場合は注水下で行ったり、ハンドピースを早く移動させる
※重症例では2~3回行う

臨床応用写真

無麻酔下での口内炎の治療

●レーザーを短時間ずつ照射し、患部を蒸散
●出力0.5~1W 短時間 気銃使用

※抗生物質などの薬剤の併用も可

臨床応用写真

どうして出血が少ないの?
メスを使うと血管を切るから血が出ますが、レーザーを使うと血をすぐに固める効果があるからなんです。
どうして投薬が少なくて済むの?
レーザーには殺菌効果や、腫れた歯茎の痛みを和らげる効果があるのです。だから抗生剤や鎮静剤が少なくてすむんですよ。
炭酸ガスレーザーって安全なんですか?
このレーザーは遠赤外線の波長でX線や紫外線とは違う光なので安全です。だからお子様、妊婦さん、ご年配者にも安心なんです。
レーザーが当たった歯茎の色が変わっているけど大丈夫ですか?
それが自然の包帯の役割をするので痛みも少ないのです。歯磨きするときにブラシが当たらないようにしてください。
歯槽膿漏のいや~な出血や腫れた歯茎は治りますか?
通常の治療とレーザー効果で早く改善することができます。先生の指導に従ってください。
なぜ腫れの痛みが和らぐのですか?
腫れた歯茎の血管やリンパ管の温熱の効果で正常に戻すことができるからです。
このようにレーザー治療には様々なメリットがあります!
ご不明な点は主治医にご相談ください。

HOME | 当院案内 | スタッフ紹介 | 診療内容 | レーザー治療 | よくある質問 | 予約・お問い合わせ
Copyright© 2010–2017 さいとう正彦歯科 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi